脱毛に日焼けは厳禁!

脱毛前後はケアを十分にしておこう

ムダ毛の自己処理だけではなく、プロの脱毛施術を受けるときにも必ず気をつけなければいけないことがあります。それは「日焼け対策」です。脱毛すると肌が敏感になるので、肌荒れや毛穴の炎症、色素沈着などを起こす可能性があり、それらを防ぐためにも肌ケアは必須だといえます。特に日焼けは脱毛の天敵です。たとえば、レーザー脱毛で施術を受けるというときに日焼けをしていると施術を受けられない可能性があります。なぜなら、レーザーは黒い色素に反応してムダ毛を処理していくからです。肌が日焼けしているとその皮膚にまで反応してしまい、きれいにムダ毛を処理出来ない可能性があるのです。せっかく脱毛施術を受けても、これでは意味がありません。

肌が非常に敏感になっているのが理由

では、なぜ脱毛施術の後に日焼けをしてはいけないのかというと、施術後の肌の状態が理由です。施術後の肌はとても敏感になっています。レーザーなどの熱がまだ肌の奥に残っており、赤くなったりかゆみを持つこともあるのです。その状態でさらに日焼けをしてしまうと、広がった状態の毛穴が炎症してしまったり、色素沈着を起こしてしまいます。そうなるとその治療を先にしなければいけないので、脱毛施術を遅らせるという事態になりかねません。脱毛に日焼けが厳禁である、と言われる理由は、このように脱毛前後の肌を保護するという理由から言われています。施術後でも日焼け止めクリームなどの利用は可能というところもあるので、施術前のカウンセリングで確認しておくといいでしょう。